注文住宅にかかる費用とは?

注文住宅の工事に関する費用

注文住宅を建てる際には様々な経費がかかります。まずは、工事に関する費用が多くを占めており、住宅を建てようとする土地に建物が建っている場合は、その建物の解体費用から発生することになりますので、注意しておきましょう。 建築を始めるにあたっては、住宅メーカーや設計事務所に設計を依頼するのに必要な設計料や、建築工事を開始するための行政機関に対しての申請料、工事の進捗を図るために必要な工事管理費用などが諸経費として必要になってきます。 設計料に関しては、住宅メーカーや設計事務所の規定によりますが、概ね総工事費の5%から10%が必要となり、工事管理費用に関しても5%くらいが必要になります。建築許可の申請料に関しては、概ね15万円前後を見込んでおくと良いでしょう。

注文住宅の税金に関する費用

注文住宅には、工事に関する経費以外に、税金関係の費用がかかります。 まずは、土地や火災保険などの費用を除く総工費に対しての消費税が必要となり、総工費は1000万円を超えるケースがほとんどですので、かなりまとまった金額が必要です。 また、設計や工事を依頼するさいにはそれぞれ契約書を交わす必要がありますので、契約書を作成してお互いの合意を確認するための印紙税や、住宅ローンの担保として必要な登記簿への申請のための登録免許税などもかかります。 その他にも、各都道府県に納税するための不動産取得税や、住宅に住みだしてから納税する必要のある固定資産税など、注文住宅を建てる際には多くの税金を納税する必要があるのです。